Top > 職能適性検査の種類

職能適性検査の種類

職能適性検査と一言で言っても、その種類は様々です。職能適性検査を自分で受ける際は、自分に合った種類のものをいくつか選ぶといいでしょう。
職能適性検査の種類は、大きく分けて2つ。一つは「職業興味検査」などと呼ばれる種類のもので、文字通りその人がどんな職種に興味を持っているのかを調べる検査。そしてもう一つは「能力検査」などと呼ばれる種類のもので、その人が仕事をする上でどんな能力を持っているのかを調べる検査です。職能適性検査は、一般的にこれらのうちのいずれか、もしくは両方を取り入れて行われます。
職能適性検査は、「自分には何のとりえもないし......」「やりたい仕事なんてないよ」といった、働くことに今ひとつ積極的になれない方には、特にオススメしたい検査。上記の2種類の職能適性検査の両方を受けてみることで、自分の新たな可能性を見出すことも少なくありません。自分に自信がないという方は、ぜひ採用試験の前に無料の職能適性検査をお試しください。

 

 魚料理と栄養  魚料理 簡単レシピ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
職能適性検査とは(2009年6月18日)
職能適性検査を無料で受けてみよう(2009年6月18日)
職能適性検査の種類(2009年6月18日)
有名な職能適性検査の種類と詳細(2009年6月18日)