Top > 職能適性検査とは

職能適性検査とは

職能適性検査とは、自分がどんな職業に向いているかを、主に技能・能力面から判別する検査です。
職能適性検査といっても、その種類や呼称は様々。職能適性検査として有名なものの例としては、「SPI適性検査」や「クレペリン検査」といったものがあります。
職能適性検査は、多くの企業の採用試験にも導入されているもの。職能適性検査は、企業サイドから見ると、不適切な人材の採用を避けられるというメリットがありますが、応募者側から見てもメリットが大きいものです。それはなぜでしょうか?
就職・転職活動において、応募前に職能適性検査を受けておくことで、自分に合わない職種を選ぶことを避けることができます。好きでも得意でもないことを職業にするのは、よほど給料がいい仕事でもない限り、誰にとっても苦痛でしかありませんからね。
とはいえ、職能適性検査で「不適切」と出た職種でも、自分が本当に心から「やりたい!」と思ったなら、その世界に飛び込むこともアリでしょう。「好きこそものの上手なれ」と言われるとおり、情熱と努力があれば、職能適性検査の結果など簡単に吹き飛ばせるのですから。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
職能適性検査とは(2009年6月18日)
職能適性検査を無料で受けてみよう(2009年6月18日)
職能適性検査の種類(2009年6月18日)
有名な職能適性検査の種類と詳細(2009年6月18日)