Top > 有名な職能適性検査の種類と詳細

有名な職能適性検査の種類と詳細

職能適性検査には様々な種類があり、その名称もいろいろです。
職能適性検査の種類および呼ばれ方の例としては、「適性検査」「適職検査」「性格検査」「能力検査」といったものがあり、いずれもどんな仕事がその人に向いているかを知る目安となります。
職能適性検査の種類のうち、代表的なものとしては、リクルートの「SPI2総合検査」やSHLの「玉手箱シリーズ」が挙げられます。これらの職能適性検査は、企業の採用試験で広く用いられている種類のもので、履歴書や面接だけでは把握できない、各人の能力や性格などを知ることができます。
職能適性検査を受ける上で忘れてほしくないのは、「熱意はなにものにも勝る」ということです。たとえ職能適性検査で、希望職種が「向いていない」と出ても、本当にやりたいことがあるなら、十分努力と熱意でカバーできるでしょう。また、ひとつの職能適性検査ですべてわかった気にならず、職能適性検査を何種類か受けてみるのも、大切なことだと思います。

 

 大掃除  おれおれ詐欺  老眼治療
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
職能適性検査とは(2009年6月18日)
職能適性検査を無料で受けてみよう(2009年6月18日)
職能適性検査の種類(2009年6月18日)
有名な職能適性検査の種類と詳細(2009年6月18日)